マダム麗奈求人サイト

ブログ

 |  東京・大阪・名古屋

これ、たしかにって思った

ひろゆきが呆れる「会った瞬間におバカがバレる人」の特徴、って記事みなさんは読んだことあるかな?

現在、日本中で大ブレイク中のひろゆき氏。
彼の代表作『1%の努力』では、「考え方の根っこ」を深く掘り下げ、思考の原点をマジメに語っている。

記事の中では、ひろゆき氏にさらに気になる質問が続いており・・・。

● 相手と「会った瞬間」に考えること

 人から第三者を紹介されたり、一方的に知っている人と会った瞬間、あなたはどんなことを思いますか?

 「思ったとおりの人だ」
「想像とぜんぜん違う人だ」

 だいたい、この2つの反応じゃないでしょうか。

 人は、会う前から「イメージ」を作り上げます。そして、勝手にネガティブに思い込んでいた場合は、「思ったより、いい人だった」という印象になります。

 逆に、ポジティブに思い込んでいた場合だとどうでしょう。

 「いい人だと思っていたけど、なんか想像と違ったな……」と、マイナスな評価になりますよね。

● 相手の「ダメなところ」を探す、残念な人

 人は、無意識の中で勝手に相手に対して「イメージ」を作ります。

 第一印象や会話の中から「こういうタイプなんだな」などと判断していきます。そうしてタイプ分けをしないと、毎回ゼロからのコミュニケーションをすることになって疲れ果ててしまいます。

 できれば、会う前からポジティブな印象を持つことは避けたほうがいいでしょう。

 なぜなら、期待すると「ダメなところ」が見えるからです。そうすると、減点方式で相手と接することになります。

 結婚相談所でいつまでも結婚できない人は、相手の写真だけで100点満点を期待するからです。だから、実際に会ってみると、「ガッカリだ」と思ってしまうんです。

 そういう人は、会った瞬間に自分の馬鹿さ加減がバレるでしょう。ガッカリした表情が相手に伝わりますからね。

● 相手の「いいところ」を見るクセ

 勝手にポジティブなイメージで人を判断するのは、やめましょう。

 「どうせ、大したことない人だろうな」
「たぶん、そんなに面白い人じゃないだろうな」

 と思うくらいがちょうどいいんです。

 すうすると、はじめは50点くらいだったのが、60点、70点……と、加算方式で相手を見ることができます。

 そう考えるほうが、同じ人生でもトクしますよね。ということで、相手に勝手に期待せずに生きるように考え方を変えてみましょう。

copyright(c) 2022 高級デリヘル求人サイト マダム麗奈