マダム麗奈求人サイト

ブログ

 |  東京・大阪

身分証明、何が必要?

風俗店で働くにはまず「18歳以上であること」を証明するための身分証明が必要です。

お問い合わせから面接までの流れは決まったものの最後に「“写真付きの身分証”を持ってきてください」と言われ・・・。
あれ、そう言えば当日なってどれを持っていったらいいんだろと悩んでしまった方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな『身分証』について何を準備したらよいのかご紹介していきます。

■はじめになんで“写真付きの身分証”が必要なのか?

法律で18歳未満(18歳でも高校在学中)の女性が風俗店で働くのは違法になります。
もし18歳未満(または18歳でも高校在学中)の女性が働いていたらそのお店は違法店舗として営業停止になってしまうからです。

女性が年齢を偽って入店し、お店がそのことに気付けていなかった・・・。
えっ何も知らなかったという場合でも、お店は罪を逃れることは出来ません。

後々このような大事にならないようお店側も必ず、本人及び年齢確認は行います。

※“写真付きな訳”
顔写真がないと姉妹や友達の身分証でも通用してしまうからです。

■身分証明書の定義

身分証明書とは、「氏名・住所・生年月日・性別・顔写真」が記載されたもののことを指します。
これは個人を個人だと特定する為に用いられるものです。
このことが記載されていれば「身分証明書」もしくは「本人確認書類」といった表現がなされます。

■写真付きの身分証には以下のものがあります。

写真付き身分証明書一覧
●運転免許証
●パスポート

●住民基本台帳ネットワークカード(住基カード)
※現在廃止されていますが、廃止前のカードでも住所が同じであれば提示できるので心配ありません。

●マイナンバーカード
注:通知カードはマイナンバーカードではありませんので単体のみで本人確認書類としては利用できません。

■持ってはいるが身分証明書とは認められないもの

◆健康保険証
間違いやすいのが保険証の提示です。
これには顔写真が載っていないため風俗店面接の本人確認書類としては適切ではありません。

◆クレジットカードやキャッシュカード
公式な身分証ではないため適応されません。

◆学生証
「学生証」はその学校に現在在学している、または過去していたということの証明であるため、
明確な識別ができないため適応されません。

その他にも期限切れの身分証や公共機関の郵便物などもNGなりますので、
改めて気になる方はお店あてにお気軽にご相談ください。

copyright(c) 2019 高級デリヘル求人サイト マダム麗奈